河野耳鼻咽喉科Ear Surgi Clinic

MENU
20210805 main

〒810-0011 福岡県福岡市中央区高砂1-21-28

20210805 main

お知らせ

現在、お知らせ情報はありません

ごあいさつ

20210805 dr

院長河野浩万

1986年、宮崎医科大学(現・宮崎大学)医学部卒業。同大学付属病院での研修を経て、宮崎県立宮崎病院に入職。1996年から2年半、米国ミネソタ大学へ留学し、その後は耳の手術において数多くの臨床経験を積む。2010年には宮崎大学医学部附属病院の臨床教授に就任。同年9月に義父から継承した武田耳鼻咽喉科医院の院長を務め、翌年に現在の院名に変更。

耳の症状でお困りの方に
手術という選択肢をご提示しています

慢性中耳炎の耳垂れや難聴で聴こえが悪いなどの症状を諦めていませんか?当院は耳の手術を専門に行っているクリニックです。近隣住民の方に限らず、県外からも多くの患者さんが来院されており、術後に笑顔を見せてくれる方々の姿を見て、私自身も喜びを感じています。その笑顔のために耳鼻咽喉科の医師をしていると言っても過言ではありません。

当院では、基幹病院で実施されるような専門性の高い手術を1泊2日で行っていますので、治療の選択肢の1つとして手術という方法があることをもっと多くの方に知ってもらいたいと思っています。趣味のゴルフはなかなか上達しませんが、手術は経験を重ねるごとに上達し、耳治療のスペシャリストに近づいていると自負しています。しかし奢ることなく、日々の積み重ねとこれまで出会った患者さんがいたからこそ今の私がいるのだという思いを忘れずに、毎年研究内容をまとめて発表しています。お悩みの症状がありましたら、自己判断で諦めてしまわずにまずは一度ご相談ください。

当院の特徴

特徴1

「耳専門の外来」を
設置

急性中耳炎や滲出性中耳炎、慢性中耳炎、真珠腫性中耳炎、耳硬化症など、さまざまな症状に対して耳の専門家が治療を行います。

特徴2

耳の不快な症状や
難聴を諦めない

難聴や耳垂れなどの症状にも手術という選択肢があります。手術用の顕微鏡を用いて微細な操作が要求される耳手術を行っています。

特徴3

短期滞在の手術に
対応

当院では専門的な手術を1泊2日の入院で生活や仕事などへの支障も少なく済むよう行います。遠方からの患者さんも多数訪れます。

特徴4

一般的な症状も
診察

耳の病気以外にもアレルギー性鼻炎や扁桃腺炎など、鼻や喉の症状の他、インフルエンザなどの予防接種も行っています。

特徴5

わかりやすく丁寧な
説明を実践

言葉で伝えるだけでなく、映像などを共有することで病状をインパクトを持って実感してもらえるような工夫をしています。

診療内容

1

一般診療

耳の症状以外にも、鼻水やくしゃみ、鼻血、鼻の痛みや腫れ、かゆみなどの症状があるアレルギー性鼻炎や花粉症、副鼻腔炎(蓄膿症)、鼻茸(鼻ポリープ)、鼻中隔弯曲症鼻出血などの鼻の病気、咳や喉の痛みなどがある咽頭炎・喉頭炎・扁桃炎のほか反回神経麻痺・声帯ポリープ・声帯結節・嚥下障害などの喉の診療も行っています。またインフルエンザの予防接種にも対応しています。

2

耳の専門的な治療

痛みや難聴、耳漏といった症状がある中耳炎の中でも慢性中耳炎や真珠腫性中耳炎は手術が必要であり、当院では1泊2日の短期滞在での手術を実施しています。入院はすべて個室でご用意しており、小児の場合には付き添いしていただくことも可能です。また診断が難しい耳硬化症は手術によって聴力の改善もめざせますので、気になることがあれば気軽にご相談ください。

3

アレルギー性鼻炎・花粉症

体を守るための防御反応である鼻水やくしゃみが過剰になり、日常生活に支障が出てしまうのがアレルギー性鼻炎であり、季節性のものを花粉症と呼びます。当院では、症状に合わせて薬物治療を行いますが、服薬には眠気や集中力の低下などの副反応があるため、炭酸ガスレーザーによる鼻の粘膜を浅く焼く治療も実施しています。またスギ花粉やダニについては舌下免疫療法を行っています。

診療時間

時間
08:30~12:30
14:00~17:30

※火曜は手術日
※○8:30~12:00
※△8:30~13:00

河野耳鼻咽喉科Ear Surgi Clinic

診療科目
アレルギー科・耳鼻咽喉科
所在地
〒810-0011
福岡県福岡市中央区高砂1-21-28
TEL
092-531-0281
駐車場
交通アクセス

薬院駅から徒歩5分

ページ
トップへ
Access